HOPES!

 三越美術110周年 HOPES 次世代百選展が、8月30日(水)より日本橋三越本店6階美術フロアにて開催されます。

 この特別サイトがオープンしましたのでお知らせいたします。

 http://www.mitsukoshi-special.com/hopes/

 不肖も100人の中に選ばれて出品しております。ひとりひとり詳細に、またそのコメントもあるので、非常に興味深く見ることが出来ます。

 こうしてみていると、今の流れがよくわかって面白いのですが、若い人たちの台頭には只々驚かされるものがあります。ここで自分はどうしようではなく、常にぶれない姿勢で居続けることの大切さを感じます。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

盆休み?

 巷は盆休みでお休みの様である。ちょっと外へ出てみると道が随分と空いていたりするから、休みなんだと実感したりするのですが・・・

 不肖の場合、ここ数年はこの時期が秋の個展を前にして最も忙しい時期なのです。今年も、近々に迫った個展に向けての制作、これに加えて次の展覧会の撮影用作品の締切も間近に迫ってきて、休みどころかいつもより忙しい日々を送っております。

 今日は窯から出したものを洗う作業。

07812 (2)

 緑釉は窯から出てきたら直ぐに完成とはいかないのです。

 こうして洗ってやらなければいけないのです。

201708131.jpg

 洗うことによって表面の被膜がとれて、緑があざやかな色となって現れてくるのです。

2017081302.jpg

 以前やっていた泥を塗った鉢を頼まれたので久しぶりにやってみたのですが、これがなんだか面白くなってまたいろいろと作ってみました。

 081323.jpg

 この仕事をやっていた当時とは緑釉の調子が変わってきているので、また違ったイメージに焼きあがってきました。昔やっていたことだからと封印してきたのですが、やり方によってはまた新しいことが出来そうな感じを抱きました。

 そんなこんなで、どうやら私に休みはなかなかやって来ないようです。。。

07812.jpg

 窯が出たら直ぐに次のものを素焼き。週末は再び本焼成です。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

東海陶芸展2017

 東海陶芸展2017が今年もテレピアホールで開催されます。

tokai1_2.jpg

 不肖も出品致しますが、これに併せて酒呑の頒布会が開催されております。

tokai17.jpg

 興味のある方は是非こちらから

 東海陶芸展特別サイト

 

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

ただいま充電中

 すっかりご無沙汰しております。

 スズキテツはただいま充電中でございます。

 もう少々お待ちくださいませ。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

陶芸部会展終わりました

日本橋三越さんでの陶芸部会展が終わりました。

不肖は今回、初日の表彰式及び懇親会に出席、そして一旦帰って再び上京、陶芸特別講座なるものをさせて頂きました。先ずは何よりこの陶芸特別講座が無事に終わってホッとしております。

簡単な陶芸部会展についての説明をさせて頂いてから、持ち込んだ道具や素地をお見せしながら、普段やっている仕事について説明するという内容のものだったのですが、思いのほか熱心に聞いて頂いている方々に囲まれて驚きました。

相変わらずの舌足らずのトークで申し訳なかったのですが、兎にも角にもお付き合い頂きました皆様方、ほんとにありがとうございました。誰も聴きに来なかったらどうしよう…なんて思ったりしていたのですが、多くに方々に聞いて頂きほんとにありがたく思っております。

連続の上京に、東海支部での諸々の雑事に振り回されて相変わらず忙しくしているのですが、どうしても見たい展覧会があったので、日曜日のトークを前に土曜日に上京して行って参りました。

tohaku1.jpg

日中は大混雑でじっくり見ることは難しいと聞いていたので、週末は21時まで開館していることをいいことに夕方に入館、閉館までじっくりと見て来ました。

先ずは何より素晴らしい展覧会でした!閉館近くなっても結構な人が居て、独り占めは出来なかったのですが、比較的じっくりと見ることができてよい勉強となりました。稲葉天目は無かったけれど、卯花牆に喜左衛門井戸、小原女と小原木が並んであるというなんとも贅沢な展示に感動をすら覚えました。それぞれ何度か見たことのあるものですが、こんな茶碗だったのか?などと思う再発見に溢れていて驚きました。

久しぶりのトーハクだったのですが、やはりここはイイ‼︎ 制作を続ける上でのヒントに溢れているのです。何より驚いたのが、ギャラリーの皆さんのマナーの良さ。時間が遅かったせいか比較的若い人達が多かったのがよかった。そして、何かと黙って見ることのできないカルチャーオバさんも、写真を撮りまくる海を渡って来た人たちも居なくて、余計なストレスを感じずにじっくりと見ることができました。

「茶の湯」展、素晴らしい展覧会でした。近かったらあと数回通えるのに・・・

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

スズキテツ

Author:スズキテツ
岐阜県多治見市在住の陶芸作家
スズキテツの日常と非日常。

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ