FC2ブログ

紅葉本番です

 私はこの季節が一番好きです。前にも書いたかもしれないけど冬に向かうこの季節が一番好きなのです。

1811231.jpg

 万緑みなぎる新緑の頃も好きで、自分の仕事のイメージはそこから貰っているけど、周りの山々が錦繍に彩られたこの季節が好きです。
 小さいころから好きだったようで、9月くらいから「いつ紅葉するの?」なんて親に聞いていた憶えがあります。

 私のアトリエからの景色もこんな感じ。

1811232.jpg

 手を止めてボーっと見とれてしまう時間が長くなるからいけない(笑)

 それにしても早いよなあ。。。 今年も残すところ一月になってしまった。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

酒呑のころ

 早いもので今年も残すところ一月半になってしまった。 

 毎年この時期は、年末にいろいろなところで催される酒器展の締切に追われるのです。慌ただしいなかではあるけれど、こうして毎年決まって展覧会への出品依頼をいただけるのは、ほんとにありがたいこと。

 ただ最近、ちょっとマンネリ気味に陥っていたので、今年はいろいろと新しい酒器の制作に挑戦してみました。

gui18.jpg

 この形の酒呑は、福岡三越での個展に初めて出品したのですが好評だったので、いろいろと改良も加えつつ作り直しています。

 gui181.jpg

 最近使い始めたこの土は、非常に粗くてサクサクな土なので、可塑性には乏しくて結構神経を使うけど、今まで酒器を作っていた土と比べるとガラリと違った雰囲気に上がるので重宝しているのです。

 この新しいタイプの酒呑は、この後の酒器展に出品する予定です。感想などお聞かせいただけましたら有難く思います。

無事に終わりました

 110th髙島屋美術部 鈴木 徹 展 -萌生- 横浜髙島屋さんでの展観が無事に終わりました。

18062.jpg

 大阪髙島屋さんからの一連の個展がこれで終わってホッとひと息です。兎にも角にもご高覧頂きました皆さまには、ほんとにほんとにありがとうございました。

18061.jpg

 ホッとひと息。。。

 そう行きたいところなのですが、秋の日本伝統工芸展の出品締切は7月の中旬なのです。

個展等で、慌ただしいことは分かっていたので、早め早めに準備してきたのですが、そうそう思う様にはいかないようです。特に今年は非常に手間のかかる仕事をしているので、とにかく時間が足りない!
 
 最終締切まで残すはひと月。。。 

続きを読む

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

感無量

 久しぶりに日本料理水野さんに行ってきた。 伝統工芸展での受賞の際に、日曜美術館で放映していただいたあの店です。

 とにかく玄関から入って驚いた!

201805032.jpg

 あの窯にひとつしか入らなかった大きな大きな花器に、大きな大きな朴の木が活けてあってオッタマゲ~。。。

 こちらはその当時の画像から。

 もう少し大きかったら窯の中に入らなかったのです。

201805033.jpg

 今までは置いてあるだけの花器だったのですけど、まさかまさかこんな風に使って頂いているとは思わず驚いてしまいました。

 思わず嬉しくなってしまって、しっかり写真に納めてきました。

 こんな風に使って貰えれば、作家としては感無量。嬉しい限りです。

201805031.jpg

 もちろん料理も抜群です。今日は太刀魚が美味しかった。
 

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

やっと梅が咲いた

拙宅にも春がやってきたようです。

2018_033.jpg

紅梅に白梅も咲き出した。

180303.jpg

今年の冬はとにかく寒かった。水道管も破裂するわでたいへんでした。暖かくなるのが待ち遠しかったのですが、漸く春!って感じです。

春になるとやって来るのが、この恒例行事。

49tokai.jpg

今年は、昨年まで20年以上も続いた搬入会場から、新しい搬入会場へと変更になったので出品点数がかなり減るのではと、役員一同心配していたのですが・・・

492tokai.jpg
.
陶芸は少しだけ減ったのですが、ほぼ前年並みの出品点数を保つことが出来て、まずは一安心。例年通りの展覧会が開催できそうです。

 今年は審査員の一人として関わった東海伝統工芸展ですが、個展を前にして3日間も潰れてしまうのは、ほんとに辛い。でも、ここまで自分が来れたのは、伝統工芸展に出品し続けてきたからであることは間違いないことなのでして・・・
 でもなあ・・・
 取り巻く環境が大きく変化するなか、こうしてボランティアとして展覧会に関わり続けることがほんとに必要なことなのか・・・
 これだけ振り回されることが多くなってくると、いろいろなことが分からなくなってくる。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

スズキテツ

Author:スズキテツ
岐阜県多治見市在住の陶芸作家
スズキテツの日常と非日常。

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ