FC2ブログ

今年も一年ありがとうございました

 2020年が終わろうとしている。

 コロナ禍。。。 今年はこの一言に尽きるのではないだろうか。

 松江の一畑百貨店での個展から始まった私の2020年、帰りに飛行機の中で、自分が風邪気味だったのでマスクをしていたことを憶えているけれど、まさかこの後、どこへ出かけるのにもマスク無しでは考えられない生活がやって来るとは夢にも思わなかった。

 その後、感染拡大を始めた新型コロナウィルスは、あらゆるところで猛威をふるい人の動きを止めてしまった。博物館や美術館も休館し、驚くことに百貨店までもが凡そ1か月ほど休店することとなってしまった。この時期に、個展を予定していたのに開催できなくなってしまった仲間がたくさん居たことを思い出す。私がお手伝いしている東海伝統工芸展も開催中止することとなってしまい、まさに私たち作家にとっては発表できる場を奪われてしうこととなってしまった。

 私の名古屋松坂屋での個展も、丁度こんな折だった。本来なら5月13日からだったのだけど、閉店の煽りを食らってこの会期での開催は中止となってしまった。でも幸い6月に開催することができたからよかったのだが、図録を作成していたので会期が変更した旨をシールを貼って訂正したことを思い出す。それでも私は開催出来たからよかったのだ。

 しかしその後、第2波と云われる感染拡大はあったものの、夏から秋にかけては落ち着きを取り戻した。お陰で、日本伝統工芸展も無事に開催することができた。そして、これと会期を同じくしていたのが日本橋三越での個展だった。日本伝統工芸展には、こうした文化催事を待っていたとばかりに多くの人が駆けつけて、心配になるくらい密な状態。これを見た人が階下の不肖の個展を見に来てくれたから、人の流れが途切れることなく、ほんとに多くの人に見て貰うことが出来た。しかし、慣れないマスクをずっとして、ソーシャルディスタンスなどと云われるものに気を遣っての在廊は兎に角疲れた。でも、先ず先ずの結果でほんとに有り難く思った。

 もうひとつ大きな煽りくらったのがNYでの展覧会だ。これは何年も前からの話で、もちろんNYへ行くつもりでいたから楽しみにしていたのだけど、まさかこんなことになるとは思わなかった。おまけにNYへの便数激減から輸送料が高騰、結構な額を支払う羽目になってしまった。でも、ギャラリートークをZOOMで行ったのは貴重な体験であり、あちらの方々の興味の深さが分かってたいへん趣しろいものだった。私の仕事を紹介いただく映像を作っていただいていたのだが、これをバックにあちらのキュレーターさんが、織部や志野を中心とした桃山文化、その後の荒川豊蔵からの流れを英語で説明いただき、これを一所懸命に聞いておられる姿はたいへん興味深いものだった。まさにボーダレス、日本の市場がどうのこうの云われるなか、これからはこういう時代なんだと痛感した時間でもあった。

 それにしても相変わらず忙しい1年だった。一時はどうなってしまうのかという大きな大きな不安しかなかったのだが、終わってみれば悪い1年ではなかった。いまこうして思えることを何より先ずありがたく思う。お世話になった方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

 来年は、またまた忙しい1年となりそうである。3月の柿傳ギャラリーに始まり、5月は岡山天満屋、これは秋に福山と米子にも巡回することとなっている。そして、もう一つ大きな大きな話が舞い込んで来ている。このコロナ禍の状況下、こうして話を貰えることに感謝。ほんとに有り難い限りだ。頑張って参りますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

今年もこの季節がやってきた

 早いもので11月も残すところ1週間、12月がすぐそこまでやって来ている。 新型コロナ感染拡大が叫ばれ続けた2020年、ここへきて再び感染者数が増加、第三波がやってきたと云われている。こんな最中のこの3連休、近くの紅葉スポットなど人で溢れているようにみえるのだが大丈夫なのだろうか。今年はこの感染症拡大のあおりを仕事の上でも大きく大きく受けたから、こんな風景を見ていると気を揉んでしまう。何かと心配ごとは次から次へとやってくる。早く落ち着いてくれないものかと祈るばかりである。

 さてさて、どんな状況であれ、拙宅でも紅葉がピークを迎えた。鬱に陥りがちの気分を和ませてくれている。

brog20003.jpg
 
 寒くなったり暖かくなったりで、体調がおかしくなりそうだが、今年の紅葉はいつもの年より綺麗な気がしているがどうだろうか。。。

brog20004.jpg

 不肖のアトリエは2階にある。ついつい眺めながらボーっとしてしまう。新緑の緑は目に優しくて、癒される気がするのだが、紅葉はまた違った趣でいいものである。紅葉と云っても、真っ赤になるものから、黄色くなるもの、いろいろな紅葉がある。そこに常緑樹の濃い緑が加わって、一年で最も色彩豊かになる季節だと思うのだ。

brog20002.jpg

 紅葉をしっかりと楽しませて貰ったあとは、しっかりとこの仕事が残っている。もともと、30年前この地に移って来た際に父親が植えたものだけど、どんどん大きく成長して、落ち葉の量もすごいものになってきてしまった。片づけるのに結構な時間を取られるので、それはそれで困ったものなのだ。とはいえ、コロナ禍のなか、どこにも出かけることなくこんな景色を自宅で楽しみめるのはありがたいこと。こんなことで窮していたら、みなさんのお叱りを受けそうだ。

個展が終わりました

 すっかり秋らしくなってきた。それにしても9月中頃から忙しさは尋常ではなかった。日本伝統工芸展が東京で始まり、個展はもちろんのこと、日本伝統工芸展の名古屋展、ギャラリーヴォイスのシンポジュウムとほんとに息つく暇もなかった。
 先ずはともかく日本橋三越本店美術画廊での個展を無事に終えることが出来てホッとしいるところだ。

200924.jpg

 今回の個展も、前回の松坂屋の際と同じく「萌生」と題して作品を展開した。

200623.jpg

 
 今回、一番やりたかったのがこの展示。会場正面奥には特別に台座を用意してもらい、思いのこもった作品群を展示した。

200925.jpg

 見に来る人をアッと言わせるような展示がしたかった。こんな大きなのばっかり並べて三越さんには迷惑をかけるかもと思ったけど、思いの丈が詰まった大きな作品を並べたかった。
 それでも結果的にはこの大きな作品、何点かご縁をいただくことができ、ほんとにやってよかったと思っている。しっかりと面倒を見て頂いた三越さんに心から感謝申し上げたい。

200926.jpg

 すぐ上の階では日本伝統工芸展が開催中だったので、多くの多くの人に見て貰うことが出来た。コロナ禍のなか、どうなることかと心配していたけれど、特に伝統工芸展の会場はこんなに人がいて大丈夫なのかと心配になるくらいの人の入りで、また違うことを心配しなければいけない状態だった。この流れで画廊にも多くの人に来ていただいたので、座ってゆっくり出来る時間などほとんど無く立ちっ放し。久しぶりに味わう感じで、やはり東京は違うと感じた次第。
 一番嬉しかったのは、「いい展覧会やってると聞いたので見に来ました」、だれがそうやって吹聴してくれたのかは分からないけど、そう言って来廊頂いた方が2人いたこと。ここまでの苦労が報われたというのか、もう涙もんの嬉しさだった。ご高覧頂きました皆さん!ほんとにほんとにありがとうございました。この場を借りて感謝申し上げます。

 そして個展の搬出を終えたら、すぐに日本伝統工芸展が名古屋で始まった。

200927.jpg

 こちらも結構な人が入ってくれたようで感謝です。

200958.jpg

 この会期内には、ギャラリーヴォイスでのシンポジュウムもあって、パネリストとして出席もした。

200908.jpg

 このシンポジュウムでも、いろいろあったけど、日本伝統工芸展も無事に搬出。次の会場へと送られて行った。

200959.jpg

 そんなこんなで嵐のような忙しさも、これでいったん休止。個展の結果も先ず先ずでホッとしている次第。。。

 しかし、大きなものを集中して作っていたせいか、個展前くらいから右肩が上がらなくなってしまったのだが、これが東京にいる際には、酷くなってきて右を下にして寝るのも辛くなってきてしまった。いろいろなことに気を遣ってきたからか、いつもより疲れが酷いようで、なかなかその疲れが抜けないのだ。。。

 あ~ 温泉行きたい。。。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

次へ向けて

 松坂屋名古屋店美術画廊での個展が無事に終わった。

matsu203.jpg

 立派な花をお送り頂いた皆さん、ほんとにほんとにありがとうございました。おかげで会場が華やぎました。

matsu204.jpg

 このコロナ禍のなか、どうなることかと心配ばかりしていたけれど、思った以上に多くの人に見ていただき感謝です。

matsu202.jpg

 私は、皆さんに支えて貰っているのだなと深く実感した次第。。。

matsu205.jpg

 さてさて次は9月の日本橋三越さん。なんとか殻を打ち破るような展観をしたいと思っているのだが。。。

 その前には、日本伝統工芸展の搬入もあるし、これまたどうなるのか分からないけど海外での展観もある。今回の個展は、心配ばかりしていたせいか、いつもより疲れてしまった。それでも、休めそうにないこの現実。これも有難いことかもしれない。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

草木萌動

 この3月1日から4日くらいを七十二候では草木萌動“くさきめばえいいづる”というらしい。山々が緑一色に覆われるのはまだ先だけど、そこかしこに新しい命の芽生えを感じる頃となってきました。

 そして、拙宅も梅が満開になりました。

2020301.jpg

 連日新型コロナウィルスの報道ばかりで気が滅入ってしまうというのか、辟易として来ました。今週は工芸会の会合が木曜、金曜と予定されていてホテルもとっていたのですが、新型コロナウィルスの影響でキャンセルとなってしまいました。久しぶりの上京で、いろいろと予定を入れていたのですが、上京自体を止めてしまったので、ことらも全てキャンセルすることに。食事会の約束もキャンセルにしてしまってちょっと残念。。。

 それにしても、年初は中国だけのことかと思っていたのですが、まさかここまで身近なことになって来るとは思いませんでした。学校も休校、博物館や美術館も休館とするところも出てきて、もはや外出することすら憚られる雰囲気になってきました。現在、個展をしている知り合いも何人かいるけれど、人が来ないと嘆いていて気の毒に思えてしまいます。
 
 こんな状態がいつまで続くのだろうか?不要不急の外出を避けてテレワークを推奨するとかいってるけど、できるもんなら私らもテレワークで作品を作ってみたいもんだ。。。

 今週末はいよいよ東海伝統工芸展の搬入と審査があります。いろいろな行事が取り止めになる流れのなか、東海伝統工芸展をやっていいものかどうか心配な思いが離れない。何れにしても早く終息して欲しいものです。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

スズキテツ

Author:スズキテツ
岐阜県多治見市在住の陶芸作家
スズキテツの日常と非日常。

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ