FC2ブログ

ニコライ・バーグマン伝統花伝

 先週の日本伝統工芸展に引き続き再び上京してきました。

 今回、行ってきたのはこの展覧会。

IMG_20150831_0001 (455x640)

 ニコライ・バーグマン「伝統花伝」

 ニコライ氏には、いたく不肖の緑を気に入って頂けたようで、この展示に向けて拙作を何点か送らせていただきました。

 会場は華やかな雰囲気に満ち溢れ、セレブなご婦人でいっぱいでありました。

kaden (2)

 拙作もこの様な状態に・・・

 kaden (4)

kaden (1)

 こちらは大きな花器を使っていただいているのですが、私のカメラの技術では花器が綺麗に写らない。。。

kaden (3)

 5月の新作陶芸展での展示が強烈に印象に残っていて、どんな感じになっているのかと思いを巡らしながら訪れました。

 なんせ水指を花器として花を活け、その蓋が花に押されてぶっ飛んでいるあの展示ですから・・・

 花は野にある如く、自然の美しさを大切にして生けろとか云うけれど、これはこれで筋が通っていてなかなか気持ちのよいものでした。

 大きな作品は、特に作家の思いが強く封入されているのですが、こんな展示を見ているとニコライ氏とうつわの作り手との容易ならざる闘いみたいなものが伺えて興味深いものを感じました。

kaden.jpg

 なかには着物や人形とのコラボがあったり、陶芸に限らず漆器やガラスの器を利用した展示は結構楽しめるものでした。

 この模様は、NHKワールドが撮影で入っていて海外に向けて発信されるのだそうです。私自身、突然取材を受ける羽目になって慌てましたけど、そこでお話ししたとおり日本の伝統工芸が海外から再発見される場になればこんなに有難いことはないと思っています。

 そして、日本の伝統工芸が海外文化とフュージョンすることによって、また新たな局面が現れてくるならこんな素晴らしいことなどない思います。そもそも伝統とは革新と表裏一体のもの、私たちを縛り付けるものではないのですから。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

スズキテツ

Author:スズキテツ
岐阜県多治見市在住の陶芸作家
スズキテツの日常と非日常。

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ