FC2ブログ

美濃ってなに?

 早いもので師走がすぐそこまでやって来ています。いつもの年ならほとんどが落葉しているころなのに、今年はやっと赤くなってきました。

 これはお馴染みのアトリエからの景色。

20151119.jpg

 狭いアトリエだけど、こうした四季の移ろいを身近に感じられるのはほんとに有難いことだと思っています。

 それにしても、この秋はいろいろなことがあったなあ・・・ 横浜髙島屋さんでの個展に始まり、次から次へといろいろなことがあって、すさまじい勢いで毎日が過ぎて行った感じがしています。

 さてさて、炎芸術より別冊「美濃の陶芸家たち」が発刊されました。

 結構興味深いものがあったので、ここで思ったことをひとつ。

20151116.jpg

 まあなんといろいろな作家のいることか!全然知らない人も結構いてびっくり。 不肖も取り上げて頂いております。

20151118.jpg

 ここに載っている作家は美濃に生まれ育った作家もいれば、この地域に移り住んできた作家もいます。これをずっと見ていると、ほんとにいろいろな人がいて、いろいろなことを思いながら仕事をしていることがわかって面白いのです。

 昔は、美濃といえばいわゆる桃山陶を目指して作陶する作家が多くを占めていたような感じがするのですが、これを見ていると最近の美濃の作風は、実に多くのバラエティーに富んでいることがよくわかります。 多治見市意匠研究所などを卒業して、そのままこの地で作陶を続けいる作家が多くなった影響かと思われます。そしてその数や、いまやネイティブの数を凌駕する勢い。

 中には移り住んできて、桃山陶を目指している人もいるのですが、多くのアンネイティブは美濃という地域に全くとらわれない自由な気風で作陶しているのが伺えます。これはそれぞれのコメントを読んでいてもよく判って趣しろい。ネイティブは、「美濃という地域に生まれ、先人の薫陶を受け、美濃の土を有難く使い云々」。こんな文言を並べている人が多いのに対し、アンネイティブの人たちは全くと言っていいほどそのコメントに「美濃」という文言を使用していないのです。それでいて、彼らが云っていることはちゃんとした自己の作陶論。しっかり考えて仕事をしているのだなあと感心させられました。

 ここ数年で、美濃にはほんとにいろいろな作家がでてきたけれど、この炎芸術を見ていると、この先ますますこんな状況が深まっていくのかなあなんて感じます。そしてついにはアンネイティブがネイティブを凌駕、昔からこの地域でやっている作家なんてマイノリティになってしまうかもしれません。「美濃」というものが根本から変わろうといしてる感を強く受けるのです。

 私は、美濃の作家と呼ばれるのが昔から嫌で、織部を緑釉なんて呼んでずっとやってきました。使っている土にしても、この地域のものだけではなく、少しでも緑が綺麗に発色するように他地域の土を混ぜています。とは言え、なんといってもここは国宝「卯花墻」に代表される日本が世界に誇る焼き物が創造された地域。この地でどのような営みが行われあのようなものが生まれたのかと思いを馳せたりもします。そして事実、そこから学ぶものは大きな大きなものがあると思うのです。

 でも、それでもやはり、私は美濃という地域にはとらわれたくない。美濃という地域を全く意識しないアンネイティブのサイドの作家でいたいと思うのです。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

スズキテツ

Author:スズキテツ
岐阜県多治見市在住の陶芸作家
スズキテツの日常と非日常。

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ