FC2ブログ

京都時代の話

 京都府立陶工高等技術専門校から封書が届きました。何かと見てみたら来年が開校から70周年の記念の年なのだそうです。

20160225.jpg

 私がここを修了し卒業したのは24歳の時だから、もうすでに30年近くが経つことになります。当時は今とは場所が違って東大路五条から清水寺に向かって少し入ったところにあって、京都府立陶工職業訓練校と呼ばれていました。私はそこの成形科を卒業しました。成形科には毎年30人ほどいたから、それが70周年ということですから2100人ほどがここを修了したことになるのでしょうか。

 間違いなく私の人生では一番楽しかった1年間だったのかもしれない。友人にも恵まれて、毎日が楽しくて仕方がなかった。それだけに修了式を終え、皆バラバラになってしまったときはほんとに寂しくて仕方がなかった。それでも修了後は同期の仲間で「七転八起会」なる会を結成、毎年グループ展を開催してお互い切磋琢磨したよなあ・・・

 もし、ここに行ってなかったらどうなっていたのだろう? もしかしたら陶芸をやっていなかったかもしれない。

 多治見に帰って来てからの私はオヤジの手伝いばかりで、思う様に制作の出来ない日々ばかり。そんな私を尻目にどんどん世に出ていく他の仲間たちの活躍が悔しくて仕方がなかった。でも、そんな仲間に追いつけ追い越せで頑張って来たから今の自分があるのです。ほんとにいい友人たちに恵まれたよなあ。30年近く経つと縁遠くなってしまった友人もいるけれど、時々どうしているのかなあと思い出したりするのです。そして、当時の悪行の数々も思い出してニヤニヤしたりするのです。久しぶりに五条坂を歩いてみたくなってきた。
 

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

スズキテツ

Author:スズキテツ
岐阜県多治見市在住の陶芸作家
スズキテツの日常と非日常。

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ