FC2ブログ

二人展

 望月さんとの二人展が、いよいよ来週となりました。

hutaris.jpg


 今回はこんな感じの作品群です。 これが望月さんの赤とで、どんな感じの展示になるのだろうか?楽しみでもあり、ものすごく不安でもあり。。。

hutari3.jpg

 思い返せば、望月さんとの呑み会に、三越さんも交えたことから全てが始まった気がします。散々呑んだ挙句に、

 「二人展やりたいねえ」

 「えっ!? マジすか!? 望月さんとなら喜んで!!!」

 「でもいつもと同じでは二人展の意味ないですよ!」

 そんなやりとりから全てが始まったと記憶しております。

 望月さんは私より4歳上の工芸会の先輩です。日本伝統工芸展でも作品をよく見て来ましたし、何より陶芸に対するその真摯な姿勢には頭が下がります。私がリスペクトする大事な先輩の一人なのです。

 そんな大事な先輩との二人展、こちらのモチベーションが上がらないわけがありません。

 でも・・・

 いつもと同じ作品を並べていたら、二人展をやる意味がない。

 この言葉が、会期が近づくにつれて大きく大きくウェートを増して、私に乗っかってきました。

hutari4.jpg

 そんなプレッシャーの中から出てきた作品です。 作品自体が薄っぺらく自立しないので台座に固定してあります。花器ではなくオブジェです。

hutri5.jpg

 毎回、個展の前には大きなプレッシャーがあります。そのときそのとき、いろいろな思いがあります。

 でも、今回の二人展に向けてのプレッシャーは今までとは全然違う大きな大きなプレッシャーがありました。

 その結果は、それがいいのか悪いのかは、ご高覧頂いた皆さんの感想から伺うとして、それなりに新しい何かを生み出せたのではと思っています。今後の仕事につながるような何かが。

 やはり同じようなルーティンを繰り返していては何も生まれない。二人展の意味がそこにあるような気がします。

 今回は、うつわというよりオブジェ的な要素が強い作品群ですが、そのテーマはここのところ取り組んでいる「萌生」のシリーズで、新芽が萌え出でる際の力強さを現しています。これが望月さんの赤絵にどう映えるのか楽しみなところです。

 さてさて、「赤」と「緑」これをどうやって並べて会場づくりをしたものか。これが難しいところなのだ。

 不肖は会期中ずっと在廊しております。ご高覧頂き感想など伺えたらうれしい限りです。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

スズキテツ

Author:スズキテツ
岐阜県多治見市在住の陶芸作家
スズキテツの日常と非日常。

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ