FC2ブログ

サントリー美術館!

 第66回日本伝統工芸展が始まった。先週はこれに関わる諸々の行事や会議に出席のため3泊4日の上京だった。

 久しぶりの東京だったけど、やはり皆に会うのはいい!いろんな人から刺激を貰うことが出来た。

 モチベーションアップで帰って来たけど、なにより今回の白眉はこの展覧会!

19_9_201.jpg

 前夜、呑み過ぎて辛い身体にムチ打ちながら出かけて来たけど、想像を遥かに超えて素晴らしかった。

 入ったらいきなりあるのが「卯花墻」!その存在感たるや半端ない。その他「羽衣」、「広沢」、「峯紅葉」、「朝日影」、「通天」、「猛虎」、「橋姫」、「山の端」などなど、いわゆる志野の名碗といわれる茶碗がほとんど勢揃い。こんなこと先ず無いことだから驚いた。

 もちろんその他、織部に黄瀬戸に瀬戸黒、そのほどんどが写真でいつも拝見するものばかりで、並んでいる作品群のクオリティの高さに驚いた。

 私が出かけたのは平日の午前中。会場は随分と空いていてかなりじっくりと見ることができて、ほんとに出かけてよかったと思った。こうした茶陶の展覧会は、黙って見れないのかと腹が立つオバサマ軍団がいるものなのだが、それに遭遇することもなく、作品を独り占めできてよい勉強の機会となった。

 それにしても「卯花墻」は、見るたびに印象が違って見えるから驚く。岐阜県現代陶芸美術館の織部展では、何度も出かけて見たし、最近も三井記念美術館で見たけど、その度ごとに印象が違う。あれ?こんなふうだったっけ?などと驚くことがある。何れにしても、その存在感というのか漂わせているオーラにただならぬものを感じるのだ。背伸びして見込みを覗こうとしても、さすがに展示ケースのなかではよく見えない。それでも、この茶碗は他にはないその奥へ引き込まれていきそうになる奥深さを感じるのだ。一度手に取って中を覗きこんでみたい。こんな茶碗を作って見たいと思うのだ。

 「広沢」は、ほんとに久しぶりに見た。というのかあまりじっくりと見たことがないからすごく新鮮に感じた。そして、これまた驚いたのが「羽衣」。この茶碗は、近々では何の展覧会だったか忘れてしまったけど、三井記念美術館で茶室のなかに展示してあるのを見た覚えがある。その激しい表情が大好きだ。確か初めて見たのは名古屋の徳川美術館だったと思うけど、この碗はフェラーリやな… 鳥肌が立つ思いでそんな風に思ったことを思い出した。当時二十代の私は、国宝の「卯花墻」がロールスロイスなら、過激なまでにこちらを刺激してくる造形美と存在感、こりゃフェラーリだなんて興奮したことを思い出す。
 
 でも今回、この「羽衣」がちょっと変わったところが正面にしてあって、全く別の茶碗に見えたから驚いた。胴の内側に描かれた羽衣をイメージする鉄絵を見せるために、本などで見る正面とされている部分をずらして展示してあったのだろうか?自分としては、やはりあの鉄絵と火色による激しい部分を正面にして欲しい気もする。そこを正面にしたのか理由を聞いてみたい気もした。 何れにしてもこんな茶碗を作って見たい。すっげーな…なんて思われるような力強さと存在感、そんな茶碗を作って見たい。

19_9_202.jpg

 その他、茶碗はもちろん、美濃を代表する作品がずらりと並んでいて、作り手にとってはほんとに勉強になった。 足掛け4時間近くここにいた気がする。

 この展覧会は11月10日まで開催しているらしい。なんとしてもあと1回見に行きたいと思っている。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

今年もなんとか

 今年も無事に日本伝統工芸展に入選することが出来ました。

 今年作ったのはこんな形。何点か作ったけれど結局、この3点で迷うことに。

1908291.jpg

 最近は手捻りの作品も作るようになってきたのですが、ロクロで挽いたものをこうした形に面を取るのは初めてかもしれない。もちろん、小さなものでは何度もやってきたのですが、こうした公募展出品作のような大きなものでは初めてのことでした。

0808.jpg

 先ずロクロで円筒を挽き上げて

08081.jpg

 これを面を取りながら形づくっていくのですが、これだけ大きいと形が歪んできたりして結構難しい。成形の途中はきちんと測りながら歪まないように気を付けているのですが、乾燥するにしたがって歪んできて、ひどいときには楕円形になってしまったりするのです。

08082.jpg

 毎年なんだかんだで、思うように行かないことが多々出てきて苦労します。去年も、ロクロで挽いたものを楕円形にして作ったものの、これまた上手く行かずに苦しんだことを思い出しました。それでも今年も無事に入選することが出来てホッとしています。

190829.jpg

 ホッとしています。。。

続きを読む

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

今年もこの時期がやってきた

 またしても更新が滞ってしまいました。。。

 それにしてもこの5月、6月は忙しかった。銀座黒田陶苑での個展はもちろん、その間に東海伝統工芸展や、陶芸部会展などなど。5月は3回も上京しましたし、今月に入っても萩や金沢に出かけたりとまさに東奔西走。。。 それでも、ひととおりの行事はこれでいったん小休止、これで秋のいろいろな行事までは出かける予定も少なくてホッとひと息。
 さてさて、ゆっくりとしたいところなのですが、そうはいかないのが悲しいところ。秋の日本伝統工芸展の出品締切が目前に迫ってきて、カレンダーとにらみっこしながら仕事を進める日々が今年もやってきました。

dento651.jpg

 ひさしぶりに大きなものをロクロで挽いております。締切まで残すは3週間ほどになってしまったから、ゆっくりなんてしてられない。みな、この時期は同じような思いで一喜一憂を繰り返しながら出品作品を制作していると思うと、モチベーションが昂って来るのです。

 工芸会に出品し始めてもう少しで30年になるけど、毎年この時期はこんな調子です。個展が重なったりいろいろで、どんなに忙しくても、この出品作制作を怠ることは出来ない。しかも去年と同じような作品を出品することは絶対に出来ない。
 
 でもこうして自分を追い込まなければいけないものがあるから、ここまでやって来れたことは間違いないと思う。
 

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

いよいよ個展です

 巷は10連休なのだとか。。。 先月4月は東海伝統工芸展に関わる諸々のことに振り回されて、仕事の時間がかなり削られてしまったので、ここで休むわけにはいかないのです。

kuroda0502.jpg

 銀座黒田陶苑での個展まで僅かになってしまいました。そんなこんなで休みどころではない不肖スズキテツ。。。

kuroda0504.jpg

 銀座黒田陶苑さんは、私が初めて個展をお世話になったところです。そしてその前には藤平寧くんとの二人展を二回ほどお世話になりました。東京で初めて作品を発表したところでもあるのです。今回は10年ぶりの個展となるわけですけど、それだけにいつもと違う思い入れがあります。

 ということで、今回はいつもと違う試みをしております。

kuroda0503.jpg

 今回のメインは青銅器シリーズ。 泉屋博古館や根津美術館で初めて見たときから、ずっとこの形に魅かれていて、ずっと形にしてみたいと思い続けてきました。緑釉を掛ければきっと面白くなる、そう思ってやってみたのですが、いつもの緑釉を掛けてみたら、どうもしっくりこないのです。ということで、新釉薬の調合を何度も繰り返して、やっと出せるものが出来るまで漕ぎ着けました。

kuroda0505.jpg

 そして今日は、個展前最後の窯を焼成中。パンフレットには載らなかったいろいろな形が入っているから失敗したらたいへんだ。

kuroda0506.jpg

 果たしてどういうことになるのか。。。
 
 皆さまどうぞご高覧いただき感想をお聞かせいただけましたら嬉しい限りです。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

個展情報です

 早くも5月の個展の案内状が送られて来ました。

kuroda195.jpg

 月末からは大きな連休もあることですし、早く皆さんの手元にお送りしたいのですが、なかなかそこまで仕事が進めずに未だに作品を制作中。。。

 来週は東海伝統工芸展に関わるいろいろなことで、何日も潰れてしまって仕事ができないから、気持ちが落ち着かない。そんなこんなでものすごく慌ただしい毎日です。どうやら連休は私には全く関係のないことになりそうです。

 今回の個展はこんな感じ。

kuroda194.jpg

 この右側に写ってるもの・・・

 私の新作です。

 今日は取り敢えずここまで。 さあさあ仕事、仕事。今日も遅くなりそうだ。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

スズキテツ

Author:スズキテツ
岐阜県多治見市在住の陶芸作家
スズキテツの日常と非日常。

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ